お知らせ

TEトランス 取扱容量追加

2019年12月10日

小型・軽量・高効率であるTEトランスの取扱容量が広がりました。
今までは3KVA迄でしたが、新たに5KVA・6KVAの取扱いを開始いたしましたので、お知らせいたします。
詳細はお気軽にお問い合わせください。

京都ビジネス交流フェア2019開催中

2019年02月14日

本年も京都ビジネス交流フェア2019が14日・15日と開催されております。
当社も出展ブース(A-119)を構えており、皆様のお越しをお待ちしております。

謹賀新年

2019年01月07日

新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございました。
当社は本年も、皆様により一層ご満足いただける製品作りを心掛けます。
今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

省エネルギーに大きく貢献するアモルファスコアとは

2019年01月07日

アモルファスコア合金は、原子の配列は規則性のないランダム構造で、鉄心に磁束が通る際のエネルギー損失(ヒステリシス損)が少なく、また板厚は20~25ミクロンと珪素鋼板に比べて1/10以下のため、渦電流も低減されます。

アモルファス鉄心の無負荷損失が小さい理由は、非結晶で磁気の回転単位が小さく、磁化反転が容易になるためヒステリシス損が小さくなること、素材厚さが珪素鋼板と比較して約1/10のため渦電流が小さくなること、電気抵抗が珪素鋼板と比較して約3倍のため電流が小さくなることが挙げられます。
よってトランスにしたときの発熱が少ないのも特徴で、従来のケイ素鋼板・フェライトコアに比べ、小型化・軽量化が可能となります。

この他の特性に関しましては、展示会場でご説明させていただきます。
ささやかではありますが、来場記念品をご用意しておりますので、展示会場へ来られた際は、当社ブースまでお立寄り下さい。

京都ビジネス交流フェア2019出展について

2018年12月13日

2019年2月14(木)-15(金)に京都ビジネス交流フェア2019が開催されます。
2019年も出展いたします。

今回、初展示となりますアモルファス変圧器をはじめ、環境に配慮した変圧器をご紹介いたします。

アモルファス変圧器は、珪素鋼板を使用した鉄心に比べ、アモルファス合金を用いることで電気特性が向上し、エネルギー損失を大幅に削減できます。
 
皆様のお越しをお待ちしております。

https://www.ki21.jp/bp2019/

1 / 912345...最後 »

PAGE TOP